ビーグレンの毛穴ケアプログラムを正しい用法と用量で使ってみた結果

べっちーがビーグレンの毛穴ケアプログラムを正しい用法と用量で使ってみた結果

最近スキンケアにハマっている男子、べっちー(41歳)です。

今回も昨日の今日みたいで申し訳ないのですが、今回もまたビーグレンの毛穴ケアプログラムについてのお話です。

前回はこのビーグレンの毛穴ケアプログラムを初めて使ってはみたものの、洗顔のところで力を入れすぎてゴシゴシこすりすぎてしまったため、肌をちょっと傷めたことをお話しました。

べっちーがビーグレンの毛穴ケアプログラムを使って毛穴の汚れを除去した結果ビーグレンの毛穴ケアプログラムを使って毛穴の汚れを除去した結果

肌を傷めてしまったけれど大したことはなく、それでも効果はあったんですけどね。

でも妻に叱られましたよ、肌を強くこすっちゃダメだって。

ということで前回の記事では正しい使い方をわざわざレクチャーしたんだし、それから1日経ってみて今度は正しく使ってみるぞ! ということでビーグレンの毛穴ケアの「使い方BOOK」の方法のとおりやってみました。

そうするとゴシゴシとやらかしてしまったときと比べて雲泥の差で良い結果がでたので、今回はこのことを喜々として報告したくなり、性懲りもなくまたもやお話することにいたしました。

正しい用量と用法で洗顔をする

そういえば前日の失敗はほとんどすべてが【クレイウォッシュ】での洗顔でのことでした。

失敗の理由は、ひとつめが「洗顔料の使用量が少なすぎた」こと、そしてふたつめが「肌をゴシゴシこすりすぎた」ことです。

繰り返しになりますが詳しくはこちらの記事をどうぞ。

べっちーがビーグレンの毛穴ケアプログラムを使って毛穴の汚れを除去した結果ビーグレンの毛穴ケアプログラムを使って毛穴の汚れを除去した結果

翌日はこの失敗を糧にして、

べっちー

そんな大層なことじゃないけどね。

正しい方法で洗顔をしてみました。

クレイウォッシュの正しい用量は「さくらんぼ大」で、正しい用法は「手のひらで顔全体にやさしくすべらせるようにしてなじませる」んですよ。

これより量が少ないと使うときにやさしくすべらせることができなくなり、否が応でも洗顔のときに肌へ摩擦が生じてしまい、肌を傷める原因になってしまいます。

それと、仮に正しい量であっても洗顔するときに “やさしさ” とは裏腹の力を込めてしまうとやはり肌を傷めてしまいます。

洗顔の心得は、“赤ちゃんの肌を洗うような力加減で” おこなうことが肝要です。

皮膚の特徴と洗う時間の長さ

スキンケアの対象となる皮膚は「表皮」と「真皮」の二層で構成されているのですが、この表皮と真皮を合わせてもたったの2mmしかありません。

こんなにも薄い皮膚なのですから洗顔のときにゴシゴシと力を入れてこすってしまうと、当然ながら肌が傷つく原因となってしまいます。

それと洗い方だけではなく、洗う時間の長さも重要です。洗顔に時間をかけすぎるとやはり肌への負担となり肌が傷つく原因となります。

べっちー

ヤバ・・ちょっと時間をかけすぎたかも・・

化粧水、美容液、ゲルも正しい量と正しい使い方で

ちょっと話が脱線しましたが元に戻りましょう。

クレイウォッシュでの一度目の洗顔のあとは肌がつっぱっているのを感じましたが、翌日の正しい用量と用法での洗顔のあとはつっぱった感じはしませんでした。

やっぱりゴシゴシこすってはダメってことですね。

でも洗顔をしお風呂から出たあと保湿を怠らないようにしなければいけません。

べっちー

前日は怠ろうとしていたくせに・・・

洗顔後は化粧水の【QuSomeローション】で肌をうるおす! もちろん用法用量(直径3cm)は守って。

次は美容液の【Cセラム】で肌を整える! 用法用量(直径2cm)は守る。

次はゲルの【QuSomeモイスチャーゲルクリーム】でうるおいを閉じ込める! なんども言うけど用法用量(パール1〜2粒大)は守る!

これで完璧。

毛穴ケアプログラムをおこなった後の写真を披露

というわけで2度目の毛穴ケアプログラムはきちんとできましたよ。

かんたんかんたん。

べっちー

だったら最初からそうしなさいよ。

ここで2回目の毛穴ケアプログラムを施したあとの写真を貼り付けてみます。

ああ、その前に間違った方法でおこなった1回目の写真を、前回も貼り付けたけど、まずはご覧ください。比較ができますからね。

そして2回目がこちら。

いかがですか? 1回目と2回目、まるで違っていると思いませんか?(ちなみに1回目の写真撮影の直後にヒゲを剃りました。笑)

べっちー

赤みが引いただけじゃない?

た、たしかにそうかもしれないけど、毛穴の角栓や黒ずみがあまり目立たなくなったのがわかると思います。

それと、あまり力を入れてゴシゴシこすると肌が赤くなってしまうことも(笑

べっちー

反面教師だね。

効果が高いぶんだけ肌への負担も大きそう

角栓や古い角質や黒ずみが改善しているよう見えるのでビーグレンの毛穴ケアプログラムに効果があることがなんとなくわかってもらえたかと思います。

ただし、敏感肌の妻によると、ビーグレンの毛穴ケアプログラムは効果が高いぶんだけ強力なので肌に負担をかけるかもしれないということです。

妻は敏感肌で肌が弱いので毛穴ケアプログラムをするのは3日に一回くらいにすると言っています。

私はまだ使い始めたばかりなので、しばらくは毎日使ってみたいと思います。

スキンケア商品によっては肌への負担が大きいものもあるので、あなたも自分の肌と相談をしてながら使っていくとよいかもしれません。

終わりに

肌が弱い人にとっては肌への負担がちょっと心配だけど、そのぶんだけビーグレンの毛穴ケアプログラムは毛穴の状態改善の効果が期待できます。

あなたが毛穴ケアにもし興味があるならば、ビーグレンの下記のページをぜひ見てみてくださいね。

[b.glen]毛穴の目立たない肌を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください