ももクロのコンサートに子供と一緒に行くのでペンライトにハンドストラップを取り付けてみる

子供と一緒にももクロのコンサートに行くのでペンライトにハンドストラップを取り付けてみる

アイドルユニット・ももいろクローバーZのコンサート「ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-」が2018年5月22日と23日に東京ドームで開催されます。

>>【外部リンク】「ももいろクローバーZ 10th Anniversary The Diamond Four -in 桃響導夢-」特設サイト

私はこのコンサートの23日のお子様ファミリー席に当選したので、家内と娘の3人で参戦させてもらうことになりました。

子供連れでこのようなコンサートなどに足を運ぶのにはさまざまな意見があるでしょうが、行くからには存分に楽しみたいと思います。

そこで今回は、幼い子供とペンライトのあるコンサートに行くときは、ペンライトに落下防止のハンドストラップを取り付けてみてはいかがでしょうか、ということをお話していきたいと思います。

防音イヤーマフ装着のススメ|繊細な子供の耳を守るために繊細な子供の耳を守るために防音イヤーマフを装着しよう【ライブやコンサートで】

なぜハンドストラップを購入しようと思ったのか

そもそもなぜペンライトに落下防止のハンドストラップをつけようかと思ったかというと・・・

それは今年の2月に横浜アリーナで行われた、同じくももいろクローバーZのバレンタインイベントに家族3人で参戦したときのことでした。

ももクロのファンの方なら周知のことですが、ももクロには公式グッズとしてペンライトが発売されています。

もちろん私らもペンライトを持って行きました。

娘はまだ1歳だから娘の分はいらないだろうということで、私と家内で2本ずつ、合計4本のペンライトを持参しました。

注意
ももクロのコンサートではペンライトは「1人あたり4本まで」持てるという規定のルールがあります。

イベントが始まり私らも光らせたペンライトを振って楽しんでいると・・・

娘がペンライトに興味津々で「持たせて」という表情で手を伸ばしてきます。

それはそうです。だってペンライトは暗闇に煌々と光り輝いているのですから。1歳の子供が興味を示さないわけがありません。

仕方なくペンライトを持たせてあげると、嬉しそうにブンブンと振り回す娘。

ペンライトは振るものなのでそれでいいとしても、娘に持たせておくと心配なことがあります。

そう、落下もしくは放り投げです。

娘はまだ分別がつけられる年齢ではなく、言葉ももちろん通じません。

「落とさないでね」「投げないでね」なんて言ったところで、娘には暖簾に腕押し、糠に釘です。

そのため、娘は案の定ペンライトをポロポロと下に落とします。

そのたびに拾い上げる私ら。

この日は階段状になっているスタンド席だったので、ペンライトを下に落とされてまごまごしているとコロコロと転がって下に転落してしまう恐れもあります。

落下や放り投げだけではなく、さらに懸念しておかなければならないことがありました。

それはお隣の方への接触です。

ペンライトが接触してしまうと、イベントを楽しんでいるお隣の方に多大な迷惑をかけてしまうので、これには細心の注意を払っておく必要がありました。

一度だけお隣の方に娘が振ったペンライトをぶつけてしまったのですが、その方にギロリと一瞥されてしまい、申し訳ないことをしてしまったと反省しております。

落下防止用のハンドストラップを購入

こんな状況なので、子供にペンライトを持たせておくと気が気ではなく、コンサートを楽しむどころではなくなってしまいます。

そこで、少しでも心配を少なくするために、ペンライトに落下防止用のハンドストラップを取り付けることにしました。

これにより娘がペンライトを落下させたり放り投げたりする心配はなくなります。

ところでももクロのペンライトには最初のころは「週末ヒロインももいろクローバーZ」のマークが施してあるストラップが付属されていたと思うのですが、あるときからストラップは付属されなくなってしまいました。

というわけで仕方がありません、ハンドストラップは自分で調達することにしました。

とはいってもそんなに高いものではありません。ストラップにそんなに高いお金を支払いたくはありませんからね。

今回手に入れたハンドストラップはこちら。

調整可能なハンドストラップ5本セットです。

>>[Amazon] MyArmor ハンドストラップ(5本セット)

なお、私が購入したときの価格は699円でした。

黒色で無骨なので、派手派手なももクロの現場にはあまりそぐわないですが、ハンドストラップを派手派手にしたところで「だからどうした?」という感じなのでこれでよしとします。

それに、横浜アリーナや東京ドームのような屋内会場ならば、コンサート中は客席は真っ暗なのでストラップの色など関係ありませんしね。

留め金具(プラスチック製)があるので調節が可能です。

これなら娘の手首にも固定しておくことができて、落下や放り投げを防ぐことができますね。

おわりに

老若男女のファンがいるももクロですから、まだ小さなお子さんをコンサート会場に連れて行かれる親御さんもいらっしゃるかと思います。

そんなときにお子さんが持つペンライトの行方が気になってコンサートが楽しめない! なんてことでは残念なはず。

というわけで、ひとつでも心配事は少ないほうがいいでしょうから、小さなお子さんがいる方はハンドストラップを手に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください