引越したら挨拶に行く?挨拶に行くなら手土産は何がいい?手土産の金額はいくらくらいがいい?

引越したら挨拶に行く?挨拶に行くなら手土産の金額はいくらくらいがいい?

引越しをしたら気になるのがお隣さんなどへの挨拶ですよね。

挨拶に行くべきか?

挨拶に行くとしたら手土産は持っていくか?

手土産には何を持っていくか?

手土産を持っていくとしたら手土産の金額はいくらくらいにすればいいか?

今回はこれらのことについてお話していきます。

引越し侍の見積もり比較サービス

引越しをしたら挨拶にいくべきか?

引越しをしたらお隣さんなどのお宅に挨拶に行くべきでしょうか。

引越しをすると、新居に運び入れた荷物の整理などに大忙しで、他のことに手が回らなくなりがち。

そのためお隣さんなどへの引越しの挨拶に行くことをすっかり忘れてしまったり、覚えてはいたけれど忙しさにかまけて「ま、いっか」なんて思って挨拶に行かずに済ませてしまうなんてことも。

しかも近ごろでは、仲介業者のスタッフに「ご近所へ挨拶に行ったほうがいいですかね?」なんて質問をしてみると、「挨拶に行く人は少なくなってきているので行かなくてもいいですよ」みたいな回答をもらうことも多いみたいです。

挨拶になんて本音では行きたくないと思っているので、こんな回答をされるとお墨付きをもらったみたいで挨拶をしない人がますます多くなっているようです。

土地や場所によっては挨拶をしに行くことで、「自分たちの個人情報を相手に提供しているようで犯罪沙汰に巻き込まれるのではないか?」なんて懸念する人もいますからね。

引越しの挨拶には行ったほうがよい

私の個人的な意見は、引越しの挨拶には行ったほうがよいです。

最近は世の中が物騒になってきましたし、個人情報のことを考慮した上で「挨拶はしない」という選択肢を選ぶのは仕方のないことだと私も思います。だから『挨拶に行くべき』とは言えません。

しかし「忙しかったから」「面倒だから」「恥ずかしいから」「なんとなく」などの理由ならば挨拶には行ったほうがよいのです。

挨拶に行かないだけで相手にネガティブな目を向けられるかもしれない

なぜ引越しの挨拶はしたほうがよいのか。

「忙しかったから」「面倒だから」などの理由は一過性のものです。これらの理由で「挨拶には行かない」という決断した瞬間だけ、かつ自分(ら)だけが満足できます。

しかしこの決断はお隣さんなどの他の人にはなんの影響も及ぼしません。

いや、『何もしていない』からこそ、お隣さんなどの他の人に不信感を抱かれて、この負の感情が自分らに跳ね返ってくるなんて場合もあります。

「勝手に負の感情なんて抱かないでくれよ」

とあなたは思うかもしれません。

でも他人が何をどう考えるかなんてあなたがどうこうできることではありません。

それに、「引越しの際は挨拶に行かなくてもよい」と思っている人が近年では多くなっていますが、世の中にはこう思っている人もいます。

「後から引越してきたならば挨拶に行く(来る)べきだ」と。

このように思っている人があなたの引越し先のお隣さんにいたらどうでしょう。

このお隣さんは、挨拶にやって来ないあなたに対してどう思うでしょう。

「挨拶に来るべきなのに来ないなんて、常識のないヤツだ」

と思うかもしれません。

その上であなたが自宅でちょっとした物音を発した……例えば掃除のためにイスをガガガッと引きずったために集合住宅の階下にその音が響いたなんて場合を想像してみてください。

あなたが挨拶に行っていない階下の住人が、

「チッ、うるせーな」

と思うかもしれません。

挨拶は処世術だ

あなたは「どうせ直接言ってくるわけじゃないんだし、思われるくらい別に構わない」と思うかもしれません。

しかし、どんな些細なことであれ、トラブルの種になるようなことを蒔くのは得策ではありません

この場合のトラブルの種とはもちろん『挨拶しないこと』です。

挨拶しに行かないだけでお隣さんなどにあなたはネガティブな思いを抱かれる可能性があります。

あなたは何も悪いことはしていないのに、近隣住民にネガティブな感情を抱かれるかもしれず、さらに悪くなると恨まれる可能性さえあります。

「逆恨みじゃん」と言うのは簡単です。でも恨まれてからでは後の祭りということも…。

だから、挨拶なんてほんのちょっとの時間で済むので面倒がらずに、愛想の良い顔をして、自分(ら)が悪い人物ではないことをお相手に印象づけるんです。

引越しの挨拶の目的ってとどのつまり、「自分(ら)はあなたに危害を加えるような人物ではありませんよ、だからあなたも私たちに危害を加えないでくださいね」ということですからね。

挨拶はルールやマナーってことだけではないんです。処世術なんです。

挨拶に行っても応答が一切ない場合もある

しかし、もし挨拶に行ったとしても応答がない場合もあります。

「不在のようだ。それじゃあ在宅していそうなときに行ってみよう。それでもインターフォンを押しても応答がない。これ以上、挨拶しに行っても逆に迷惑かもしれない」

なんて場合もあります。

そういう場合はその方は「挨拶など必要でない」と思っているのでしょう。「挨拶なんて逆に迷惑」と思ってるかもしれません。

相手は挨拶に来てほしいオーラを出しているわけでも、逆に来てほしくないオーラを出しているわけでもないので事前に判断するのは不可能です。

だからとりあえず挨拶に行く。

行ってみて優しく応対してくれれば御の字ですし、まったく応対してくれなくても御の字です。

まったく応答してくれなくても挨拶しに行ったという既成事実はあなたの心に残りますからね、気にしないようにしましょう。

挨拶の際は手土産を持参するべき?

引越しの挨拶での手土産

挨拶に行くことを決めたなら次は、挨拶の際に手土産を持っていくかどうかが悩みどころです。

手土産はなくてもいいと私は思います。

でも手土産を渡したほうが自分の印象を相手により良い形で与えることができます

だってもし自分が挨拶されるほうの立場で、挨拶の際に手土産までいただいたらあなたはどう思いますか?

きっと悪い気はしないはず。悪い気がしないどころか恐縮します私だったら。

「今どきこんなことまでしてくれるんだ」って感激します。

手土産持参で「今度こちらの上の階に越してきた○○です。小さな子がいるのでうるさくしてしまうかもしれません。そのときは申し訳ありません」と丁寧に言われたら、私なら「それは仕方ないな」と思ってちょっとのことならガマンしようと思いますね。手土産までいただいちゃったことだしと。

話はちょっと戻りますが、でも手土産はともかく挨拶もなしで引越してきた上階の住人がいきなりドタバタとうるさい音を立てたらどう思います? 「うっせーな」って思っちゃいますね私だって。

だから手土産は人の心の機微を操る(と言ってしまうとなんだか悪意があるように聞こえるかもしれませんが)役に立つツールだと思っておきましょう。

手土産の品は何にしたらいい?

「挨拶に行く。手土産も持参する。それじゃあ手土産の品は何にする?」

と悩むかもしれません。

失礼がなければなんでもいいのではないでしょうか。

世の中にはよくわからんマナーが蔓延していて、あれをやっちゃダメこれをやっちゃダメなんて言うマナー講師の先生がいるようですが、そんなこと気にしなくてもいいです。

お相手が年配の方のようだったら菓子折りでもいいですし(万が一を考えて賞味期限はできるだけ長いものにしましょう)、お相手がある程度お若い方だったらコンビニなどで使えるプリペイドカードなどがおすすめです(プリペイドカードなら腐ったりしません)。

近くのスーパーマーケットの商品券などはどんな世代の方にも喜んでもらえそうなのでさらにおすすめです。

要は相手に喜ばれるようなものを差し上げましょうってことですね。

タオルなんてもらったって嬉しくないのでやめておきましょう。

手土産の品の金額はいくらくらいがいい?

最後に手土産の金額です。

引越しの挨拶なので、あまり大きな金額でないほうがいいですね。

1000円前後で大丈夫でしょう。

プリペイドカードや商品券なら500円ならなんとなくみみっちい、1000円ならちょうどいい、2000円以上になると多すぎという印象です。私個人の意見ですが。

おわりに

今回は、引越しの際はお隣さんなどに挨拶に行くべきか? 挨拶に行くとしたら手土産は持参するべきか? 手土産を持参するとしたら何にするか? 手土産の金額はいくらくらいがいいか? についてお話してきました。

ルールやマナーは決まりごとだと思って蔑ろにしてしまう人がいますが、ルールやマナーは人間関係の上に成り立っていること。

人間関係を重要視して、自分がイヤな思いをしないためにはどうすればいいかを考えれば、挨拶はしたほうがいいという結論に当然なります。

だから「面倒だから」「恥ずかしいから」と思う方も、「たまにちょっと顔を合わせるだけだし」と思う方も、人との関係は蔑ろにせずに、引越しの際はぜひお隣さんなどに挨拶に赴いくようにしてくださいね。

情けは人の為ならずですから。

引越し侍の見積もり比較サービス