KeePassにて複数のIDとパスワードをWindows, macOS, iOS, Android等のデバイスで同期する方法

KeePassにて複数のIDとパスワードをWindows, macOS, iOS, Android等のデバイスで同期する方法

ID/パスワード管理ソフトのKeePass系アプリを使って、Windows、macOS、iOS、Androidなどの異なるOSのデバイス間でもIDとパスワードを一元管理(同期)する方法をお送りします。

KeePassのデータベースファイルを同期したい

前回、Windowsデバイスでのみ使用可能なID/パスワード管理ソフトID ManagerからKeePassというフリーソフトへの移行方法を紹介しました。

ID Managerで管理していたIDやパスワードをKeePassでMac, iPhone, Androidなどのデバイスで使う方法ID Managerで管理していたIDやパスワードをKeePassでMac, iPhone, Androidなどのデバイスで使う方法

しかし、前回の記事どおりに移行しただけではKeePassのデータベースがデバイス個別のものとなってしまいます。

そうすると、KeePassを使っていくに従ってデバイスごとにデータベースの内容に違いが生じてしまうんですよね。

データに追加や変更が発生したらすべてのデバイスにも手作業で反映させればいいのかもしれませんが、その作業を忘れたり、面倒だと思ってやらなかったりするとデバイス間でデータベースのデータの違いがどんどん広がっていってしまいます。

だからこうならないようするために、異なるOSの異なるデバイスからKeePassのたった一つのデータベースを使うことで、ID/パスワードなどのデータを同期して一元管理しようというわけです。

こうすれば、いずれかのデバイスでデータの追加や変更をすると、他のデバイスでも追加・変更データが反映されることになるんですね。

一つのデータベースファイルで同期

KeePassのデータベースファイルを同期する方法

同期

作業はとても簡単です。

まずはKeePassのデータベースファイルである一つの「◯◯.kdbx」をクラウドサービスに保存

次にクラウドサービスに保存したデータベース「◯◯.kdbx」にそれぞれのデバイスからアクセス

これだけです。

この方法ならば使用するデータベースファイルはたった一つで済みます。

そしてその一つのデータベースファイルに複数のデバイスからアクセスするので、デバイス個別のデータが生じる心配がなくなるんですね。

それでは次からは詳しい手順を見ていきましょう。

1. クラウドサービスにデータベースファイルを保存

Dropbox

まずはKeePassのデータベースファイル(◯◯.kdbx)をクラウドサービスに保存します。

利用するクラウドサービスは私はDropboxを選びました。

なぜならDropboxは、Windows、macOS、iOS、Android、これらすべてのOSの端末で簡単に利用できるクラウドサービスだからです。

なお、Dropbox以外のクラウドサービスでもできると思いますが、なんだかややこしそうなので今回はDropboxだけの紹介に留めておきます。

他のクラウドサービスを利用されたい方はチャレンジしてみてください。

1-1. Dropboxのダウンロードとインストール

KeePassを利用したいすべてのデバイスにDropboxをダウンロードしてインストールします。

インストール方法については説明するまでもないと思うので割愛しますね。

なお、ログインするときはすべて同じアカウントで行ってください。そうしないとデータベースを一元管理することができません。

Dropboxのダウンロードはこちらからダウンロードできます。

⇒ Dropboxのデスクトップアプリ(WindowsまたはmacOS)

⇒ DropboxのiOS用アプリ(App Store)

⇒ DropboxのAndroid用アプリ(Google Play)

1-2. データベースファイルをクラウドサービスに保存

KeePassのデータベースファイルである◯◯.kdbxを、インストールしたDropboxに保存しましょう。

フォルダを作りたかったらフォルダを作ってその中にデータベースファイルを保存しても構いません。

なお、この保存作業はいずれかのデバイスで1回だけ行えば大丈夫です。

保存をしたら、他のデバイスでクラウドサービスにログイン(繰り返しになりますが同じアカウントでログインすること!)すると、保存したデータベースファイルがあることがわかるはずです。

2. KeePass系アプリでデータベースを開く

クラウドサービスへのデータベースファイルの保存が終わったら、次はそのファイルをKeePass系アプリにて開きます。

私はデバイスごとに次のKeePass系アプリをインストールしました。

Windows …… KeePass
macOS …… MacPass
Android …… KeePass2Android
※iOS端末(iPhone/iPad)は所有していないので確認がとれません。

補足
これら以外のKeePass系アプリを使いたい場合は、前回の記事にてアプリを紹介しているので、こちらをご参照ください。
ID Managerで管理していたIDやパスワードをKeePassでMac, iPhone, Androidなどのデバイスで使う方法ID Managerで管理していたIDやパスワードをKeePassでMac, iPhone, Androidなどのデバイスで使う方法

それぞれのアプリを起動したら、クラウドサービスに保存したデータベースファイルを開くだけです。

2-1. WindowsまたはmacOSの場合

WindowsやmacOSの場合は、コンピューター内にDropboxの共有フォルダが作られるので、そこにあるデータベースファイルをKeePassまたはMacPassで開きます。

2-2. Androidの場合

AndroidのKeePass2Androidの場合は……

アプリを起動

初期画面にて「ファイルを開く」を選択

「ストレージタイプの選択」にてDropboxを選択

KeePass2Androidにてストレージタイプの選択

ログインして1で保存したデータベースファイル(◯◯.kdbx)を指定して開きます。

2-3. iOSの場合

iPhone/iPadを所有していないので確認はとれていませんが、iOSでは(MiniKeePassを使用する場合)……

まずDropboxに保存してあるデータベースファイル(◯◯.kdbx)をタップ

メニューを開いて「エクスポート」を選択

「別のアプリで開く」を選択

「MiniKeePassにコピー」を選択

こうすることでMiniKeePassでデータベースを開くことができるようです。

参考にしたのはこちらのブログです。ありがとうございます。

参考 MiniKeePassのデータベースファイルをスマホで同期するぱそらぼ(ぱぁと2)

3. 同期できているかを確認

KeePassを使いたいすべてのデバイスでデータベースを開けたら、試しにいずれかのデバイスで項目を追加または変更をしてみてください。

そのあと別のデバイスで再びデータベースを確認してみると、追加または変更したデータが反映されているはずです。

おわりに

今回はKeePassを使ってIDやパスワードなどのデータを異なるOSのデバイスで同期する方法をお送りしてきました。

これで「IDとパスワードがわからないからログインできない!」というトラブルを避けることができますね。(ただし、IDやパスワードをKeePassに登録しなければ意味がありませんよ。)

それではこれからも素敵なガジェットライフをお過ごしください。それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください