『MacBook Air(2018)』は初心者にとってのMacBookとしてベストバイだった

『MacBook Air(2018)』は初心者にとってのMacBookとしてベストバイだった

Mac初心者にとってMacBookは「MacBook Air(2018)」がベストバイなことは間違いなんじゃないでしょうか。

とはいっても私はそれまでの「MacBook Air」や「MacBook」、それに「MacBook Pro」を使ったことがないのだから実際に比べたわけではないから勝手にそう思ってるだけですけどね。

というわけで今回は、Mac初心者の私がお送りする新しいMacBook Airのレビュー記事でございます。

アップルファンや玄人さんのレビューはたくさんありますが、Mac初心者はどんな見方をするんだろうということを楽しんでいただけたら嬉しいです。

MacBook Air(2018)と他のMacBookとの比較

以前はこのブログで新しいMacBook AirとMicrosoftのSurface Laptop 2の比較をしましたが…

【スペック比較】新型MacBook Air(2018)が発表されたらSurface Laptop 2はどうでもよくなってしまった【スペック比較】新型MacBook Air(2018)が発表されたらSurface Laptop 2はどうでもよくなってしまった

今回はその他のMacBookと比較してなぜ私が新しいMacBook Airを手に入れたのかをお話していきましょう。

MacBook Proとの比較

これまで発売されてきたいろいろなMacBookを使ってきた方ならば例えば「やっぱりMacBook Proのほうがいい」という意見もあるかと思います。

私もMacBook Proと新しいMacBook Airのどちらにするかずいぶん悩みました。価格がちょっとだけProのほうが高いだけだから、金額を少し上乗せすればProが買えてしまいますからね。

画像を頻繁にレタッチするとか、動画を頻繁に編集するなんて方にとってはMacBook Proのほうがいいみたい。

でもどちらもやらない、またはやるとしてもたま~にしかこれらの作業はしない私にとってMacBook Proは「宝の持ち腐れ」なノートPCだと判断しました。

バッテリーの持続時間がProよりも新しいAirのほうが2時間ほど長いのも、Airのほうがいいかなと思った理由です。

MacBookとの比較

新しいMacBook Airが発売されてから「MacBook」の立ち位置が中途半端になったとあちこちで言われています。

それもそのはず、MacBookよりも新しいMacBook Airのほうがハイスペックにもかかわらず、価格がほとんど同じだから。

(それじゃあ価格がちょっとだけ高いMacBook Proのほうがいいじゃんという意見につながってしまうんですがそれはそれこれはこれってことで)

だからあえていまMacBookを買う理由が見当たりません

ひとつだけ優位なのが重さがMacBookは0.92kgなのに対して新しいMacBook Airは1.25kgでMacBookのほうが1kgを切って軽いというところでしょうか。

アップルがMacBookをラインナップから外さなかったのは、他のPCメーカーが普通に1kgを切る軽いPCを販売しているため、これに対抗するためなのかもしれませんねぇ。

旧MacBook Airとの比較

以前のMacBook Airの良いところは「安い」「軽い」ってところですね。

新しいMacBook Airにもこの安くて軽いのが一部のユーザーからは求められていました。

しかし実際に発売されたMacBook Airは安くもないし、”Air”なのに大して軽くもない(1kgを大幅に切る他メーカーのPCと比較するとむしろ重い)ということでがっかりした人もいるようです。

たしかによく考えてみると、新しいMacBook Airはその名前と実態が伴っていないように思います。だから他の新たな名前を付けてあげれば良かったのでは? と思わなくもないんですが、そこらへんはアップル社内でもきっといろいろあるんでしょう。

それはともかく、安くて軽いのがウリだった旧MacBook AirはRetinaディスプレイじゃないし、それにいろいろが古いしってことで比較対象にはなりませんでした。

MacBook Airを手に入れて嬉しかったこと

さてMacBook Airを喜び勇んで買った私。

そんな私がMacBook Airのどんなところに惚れ込んだのかをここからはお話していきましょう。

色はゴールドにして大正解!

新しいMacBook Airにはカラーラインナップが「ゴールド」「シルバー」「スペースグレイ」の3色があります。

MacBookAirのカラーラインナップ

出典:Apple

色に関してはAirにするかProにするか以上に悩みました(笑)

「シックにスペースグレイがいいか」

それとも

「最初のMacだし、シンプルなのが好きなのでオーソドックスにシルバーがいいか」

それとも

「ちょっと特別感のあるゴールドがいいか」

で悩みましたねぇ。

でも、「スペースグレイは他のメーカーのPCと見た目がほとんど一緒」、「シルバーはコンサバすぎる」という理由で特別感のあるゴールドにしました。

ゴールドも「人を選ぶ色」「服や持ち物の色と合わせにくい」なんて意見があってどうかなと思いましたが、結果的にゴールドにして正解でした。

だってゴールドだと「ワクワク感」があって「所有する喜び」みたいなものを感じられます

シルバーやスペースグレイだと機械感や道具感が強いですが、ゴールドからはアートな雰囲気が醸し出されています。ええ、個人の感想です。

ちなみに、ゴールドというと「機動戦士Zガンダム」のモビルスーツ「百式」や

created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,387 (2019/09/15 10:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

「ゴールドライタン」みたいにキンキラキンなのが思い浮かびます(明らかに40代のおっさんの発想ですね…)

でもMacBook Airのゴールドはキンキラキンではなく、どちらかというとペールオレンジって感じの色です。

わが家のMacBookAir(ゴールド)

ペールオレンジは淡いオレンジ色のこと。以前の「肌色」ですね。(ただし今ではさまざまな人種の人に配慮をし、肌色ではなくペールオレンジというのが一般的です)

よってキンキラキンではなく落ち着いた感じのゴールドなので「どぎつい」とか「成金ぽい」みたいな感じにはならないのがいいところでもあります。

Touch IDが便利

今のところログインやアプリの新規でのインストールのときくらいにしか使っていませんが、指紋認証の「Touch ID」が便利ですね。

MacBook Proでは「Touch Bar」と一緒になっているTouch ID。

壊れやすいなどの理由で一部の人から不評を買っているTouch Barですが、新しいMacBook AirではTouch Barを採用しない代わりにTouch IDだけが独立して採用されました。

この独立したTouch IDの評判が良いですね。

MacBookのライバルPCであるMicrosoftのSurfaceシリーズには顔認証機能があるので、こちらのほうがより便利という声もあります。

たしかにそのとおりだですが私にとってはTouch IDでも充分に便利ですね。

バタフライキーボードは思いのほか打ちやすい

新しいMacBook Airでは第3世代のバタフライキーボードが採用されています。

アップルの公式サイトに…

従来のシザー構造よりも安定性が4倍向上し、一段と快適な使い心地と一段と優れた反応が得られます。

出典:Apple

とあるように、たしかに快適な入力ができます。

音にすると「ペシペシ」って感じの打鍵音でかなり静かです。

私はキーストロークの深めなキーボードが好みなので、ほとんど平らなMacBook Airのキーボードだとどうかなと少し不安はありましたが、手に入れてから1~2日であっという間に慣れました。

あとは壊れないのを祈るだけですね。今使っているWindows PCのキーボードが最初から一部のキーが壊れていてずっと外付けキーボードを使っているので。

だから掃除はマメにしたいと思います。

MacBookAirのバタフライキーボードとトラックパッド

これまでのトラックパッドの常識が覆った

MacBook Airのトラックパッドをはじめて使ってみたら、これまでのトラックパッドの常識が覆りました

これまでのとは言っても私が使っている古いPCのトラックパッドのことですけどね。

これまでは「マウスを使うのがあたりまえ」だったのでトラックパッドなんてマウスがないときの救済機能としか思っていませんでした。

だから今までのPCのトラックパッドは半ば「化石化」していました。

ところがMacBookのトラックパッドってすごいんですねぇ。マウスがなくてもトラックパッドだけでほとんどの操作が間に合ってしまいます

以前は「マウスなんていらない」という意見を目にして「本当に?」と疑いの眼差しを向けていましたが、今のところMacBook Airでは本当にマウスは使っていません。

トラックパッドのおかげでEnterキー(ではなくMacだとReturnキーですね)を押す回数も激減しました。

ただし表計算ソフトなどで細かい作業をするときにはマウスがやっぱり欲しくなるのが本音です。

スピーカーの音質が素敵

以前のノートPCはスピーカーなんて「音が出ればいい」みたいな感じだったので音質なんて期待するものではありませんでした。

新しいMacBook Airのステレオスピーカーの音質はとてもクリアでびっくり。

そのおかげでiTunesで音楽を聴いたり、radikoでラジオを聴いたりしてPCで楽しめることが増えました。

おわりに

他にもRetinaディスプレイが美しいとか、充電用のアダプタが旧来のものと比べるとちっちゃくて軽いなどの良い点があって、悪いところがまったく見当たりませんね。

まぁこれは私がMac初心者だからそう思えるだけで、長年Macを使っている方からするといろいろとアラも見当たるのでしょうけどね。

でもそれが初心者のいいところかも。

それとあまり細かいところに目くじらを立てるのはやめようという日頃の考えも功を奏しているでしょうか。

少なくとも、高い買い物だったので「失敗した~、買うんじゃなかった」とは思わずに「買って良かった~」としみじみと思えたので総合的には良かったと思っています。

Mac初心者の意見を参考にしてもらたら嬉しいです。

それではまた!

MacBook Airを買ったものの『USBハブ』はやっぱり必要だったMacBook Airを買ったものの『USBハブ』はやっぱり必要だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください