おじさんLINEがキモいのは、若い女性が敬われていないことに原因があるのだ

おじさんLINEがキモいのは、若い女性が敬われていないことに原因があるのだ

フジテレビのめざましテレビで『おじさんLINE』についての調査が行われました。

なんでも、おじさんがLINEでついやってしまいがちなことを若い女性があえてマネてみて、これを友達同士でやりとりをして楽しんでいるんだとか。

というかおじさんを貶(けな)してるんですなこれ(笑

貶しているかはどちらでもいいとして、実際におじさんから届くLINEメッセージについて若い女性はいったいどういうことを思っているのかを番組がアンケートをしました。

アンケートのお題は『おじさんLINEあるある』。おじさんから届くLINEメッセージでありがちだと思うことを若い女性が答えたもので、回答が多い順にランキングがされました。

その結果がこれです。

おじさんLINEあるあるランキング
1位・・長い(67%)
2位・・褒めが絶妙にキモい(11%)
3位・・聞かれてないけど自分の事を言う(23%)
4位・・名前は “ちゃん” 付け(40%)
5位・・顔文字多用(38%)

ちなみにカッコ内の数字は順位に関することではなく、おじさんたちが本当に実行している割合です。

そこで、40歳を過ぎた立派なおじさんであるわたくし べっちー がこの『おじさんLINE』についていっちょ考えてみようと思い、この記事をお送りすることにしました。

おじさんLINEはいったいどこがどうキモいのでしょうか。

おじさんが若い女性にちょっかいを出しているようだからキモい

この『おじさんLINEあるある』のアンケートはすべて【おじさん→若い女性】という図式が成り立っています。

しかもこれはビジネスというよりプライベートなもののようです。1位の「長い」だけはビジネスと考えられなくもないですが、ややこしくなるのですべてプライベートなメッセージだと仮定しましょう。

そう考えてみると、プライベートでおじさんから若い女性って、この二者はいったいどういう関係なのでしょうか。

番組では【父→娘】という例もありました。うん、これは大いにありそうです。年ごろの娘は自分の父親のことをキモがるのが宿命みたいなものですから。

でもこれ以外は? おじさんが若い女性にちょっかいを出す? うわ~これは確かにキモいですね。このおじさんが独身ならまだしも(これだって十分にキモがられる要素ありなんですけど)、既婚者だったら目も当てられません。

キモいので即刻プライベートなやり取りはやめるか、キモくないメッセージを送りましょう。

アンケートの結果を一つずつどこがキモいのか検証

さてそれでは、この1位から5位までのアンケート結果を一つひとつ検証して、これらのどこがキモいのかじっくりと考えてみたいと思います。

ということで早速5位からいってみましょう。

おじさんの顔文字多用はキモい

今やスマホでのLINEのやりとりは絵文字を使うのが一般的です。それとスタンプ。ネットで拾った面白画像をネタ的に使うこともあります。

というわけで顔文字はあまり使わなくなってしまったんですよね。一応スマホの文字入力アプリの定形文の中には顔文字は存在していますが、今の若い女性はそんなものには目もくれません。

番組のアンケートに答えていた若い女性もインタビューで「私たちが使わない顔文字を送ってくる」と言ってキモがっていました。

というわけで顔文字とは半永久的におさらばしましょう。半永久と書いたのは、将来的にひょっとして顔文字ブームが来るかもしれないからです。よってそのときまで顔文字は封印しておきましょう。

男は黙って顔文字無しです。絵文字も無くて大丈夫。無理するとボロが出ます。そういうところが若い女性に見透かされるのです。

おじさんは若い女性を “ちゃん” 付けするとキモがられる

若い女性からすると、「馴れ馴れしく “ちゃん” 付けしないで」ということなんですよ。

それほど親しいわけでもないのに勝手に親しみを込められるその身勝手さがキモいと思われてるのです。「こっちは距離を置いてるのになに勝手に距離を縮めてるわけ?」と彼女たちは潜在的に思っているんですよ。

というわけで相手との距離感は大事にしましょう。

そしてこれに輪をかけてキモいのが “チャン” です。“ちゃん” をカタカナにすることによってキモさ倍増なので即座にやめておきましょう。

おじさんの自分語りほどキモいものはない

「なんで興味もないおじさんのプライベートな自分語りを聞かなくちゃならないんですかね?」と彼女らは思っていますよ。でも彼女たちは優しいから何も言わないんです。

え? 優しいからじゃない? 後でウダウダ言われるのが嫌だから黙っているだけだ。これが女の処世術だって?

それもそうかもしれません。なんてったっておじさんは実は自分の話を聞いてもらいたくて仕方がないんですから。

若い女性は友達同士でベラベラとおしゃべりに花を咲かせますが、おじさん同士でベラベラ話なんてしないんですよ普通は。だからそのお鉢が若い女性のところに行っちゃう。

でもそのおしゃべりに慣れていないから相手の話を聞くのが疎(おろそ)かになって自分のことばかり話しちゃう。

女性からしたら迷惑な話ですけどね。

自分語りは庭に穴でも掘ってそこに向かってするか、相手の話に耳を傾けましょう。

おじさんは間違った褒め方をしているからキモい

番組のアンケートに答えていた女性たちがこんなことを言っていましたよ。「褒めすぎ」って。

どこかのハウツー本に「相手に気に入られるには相手を褒めよう」みたいなことが書いてあるのかもしれませんが、これを真に受けたおじさんは、気に入られたい相手を徹底的に褒めます。

しかし基本的な褒め方を知らないおじさんたちは、とりあえず闇雲に、そして程度を考えずに褒めて褒めて褒めちぎってしまいます。これがキモいと思われてしまうのです。

そもそも褒めれば相手に気に入られると思うのが間違いなんですけどね。

というわけで相手を褒め過ぎてしまうおじさんは、基本的なコミュニケーションの仕方から勉強したほうがいいかもしれません。

おじさんの長文は読むのが面倒だからキモい

おじさんに限らず長い文章というのは人に読まれないんですよ。それがSNSだったら尚更です。

中高生の読解力が低い?読解力をアップするには想像力をアップさせよう中高生の読解力が低い?読解力をアップするには想像力をアップさせよう

だって、LINE の1対1の場面で長い文章なんて送られてみてごらんなさい。送られたほうはそれをわざわざちゃんと読んで応答を返さなくちゃいけないんですよ。無視すればいいと言っても相手は年上の男性だから無下にもできません。

でも彼女たちだっていろいろ忙しいわけです。そんな興味もないおじさんの長文にかまけている時間なんて本来はこれっぽっちもないんです。

だから本音ではめんどくさ~と思うわけです。それがキモいと思われる原因です。

ちなみに番組ではITの専門家が、おじさんがメールを送るのはメール文化の名残でないかなんて言っていました。だらか何なんでしょうか。

「キモい」という言葉の裏には若い女性たちが感じるネガティブな要素が隠されている

こうやって一つずつ検証してみると「キモい」という言葉はネガティブな言葉の総称みたいなものなんだなと思いました。

若い女性がキモいと思うたびにその裏では、おじさんが背伸びをしている様を見て滑稽に思ったり、馴れ馴れしくしないで欲しいと思ったり、自分語りの的(まと)にされることを嫌がっていたり、下手くそなコミュニケーションの仕方に辟易(へきえき)としていたり、総じて面倒だな~と思っていたりするんですよね。

おじさんからすると若い女性を相手にすると、相手に対する尊敬の念というものがつい疎(おろそ)かになってしまいます。

しかし彼女らはおじさんから届くLINEメッセージを見て不愉快な思いをするとともに、自分がぞんざいな扱われ方をしていることを感じているんです。

若い女性だって一人の人間なんですから他人からは敬ってほしいと思っているんですよ。彼女たちのそういった希望を蔑(ないがし)ろにするようなことをするから「キモい」と思われるってことをおじさんたちは肝に銘じるべきなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください