置き換えダイエットは効果ない?【誘惑に打ち勝ち、やり抜く覚悟が必要】

置き換えダイエットの覚悟

やせたい人

食事を1食だけ低カロリーなものに置き換えただけで本当にやせられるのですか?

という置き換えダイエットをしたことない人の疑問にお答えします。

摂取カロリーが必要カロリーを上回れば太る

体重が減少するための原則は「摂取カロリー<消費カロリー」です。OUTよりINを少なくすれば体重が減るのは当然のことです。

1日に必要なカロリーは成人だと男性2000kcal、女性1800kcalといわれています(年齢や体格によって±200kcalほどの誤差あり)。

つまり摂取カロリーがこれらの必要カロリーを下回る日が続けば自然に体重が減っていくということですね。

改めて指摘することではありませんが、太ったままやせないのは摂取カロリーが必要カロリーと同等だからだし、どんどん太ってしまうのは摂取カロリーが必要カロリーを上回っているからに他ならないことはわかりますよね?

ダイエットの基本は摂取カロリーを少なくコントロールすることなのです。

普通の食事でも必要カロリーをオーバーしがち

普通の食事

いま売れている置き換え食品「もぎたて生スムージー」の公式ページにある1日の摂取カロリーのシミュレーションをみてみましょう。

酵水素328選もぎたて生スムージー

●朝食
パン、スクランブルエッグ、サラダ、コーヒー
約500kcal

●昼食
カルボナーラ、サラダ、スープ
約950kcal

●夕食
魚と肉じゃがの和定食
約800kcal

これを合わせると約2250kcalとなります。もぎたて生スムージーは女性向けの商品なのでこのシミュレーションも女性向けですが、成人女性の1日の必要カロリーが1800kcalなのでこれだと約450kcalもオーバーしているってことです(男性でも250kcalオーバー)。

カルボナーラは他のスパゲッティと比べて高カロリーですが、このくらいの食事だったら“いたって普通”ではありませんか? 「このくらい普通に食べてる…」と思う人はきっと多いでしょう。

しかもこれに「間食」も追加したら…。間食がスナック菓子や洋菓子だったりすると全部で2500kcalくらい軽く超えそうですね…。

現実から目を背けていると…

現代人は日々の摂取カロリーが必要カロリーをオーバーしている人があまりに多くいます。だからオーバーした分のカロリーがあなたの体脂肪となって毎日蓄積されているのです。

目を向けたくない現実に目を向けてしまいましたか?

しかしいつまでも目を向けずにいると、肥満どころか生活習慣病にも発展しますからね。
・現実から目を背けて肥満で病気になる
・現実に目を向けて対策を打ってやせて健康体になる
これのどちらを取る? と問われたら私だったら断然後者ですがあなたはいかかでしょう?

目を背けて続けたいのならここで知ったことはすっぱり忘れて、このページをそっ閉じしてください(ガッ閉じでもなんでも構いませんよ)。

必要カロリーより摂取カロリーを少なくすることを意識に落とし込む

意識に落とし込む

さてここで改めて意識しておきたいのが、摂取が必要カロリーを下回りさえすればやせていくってことです。
摂取カロリーが必要カロリーを下回れば、身体は日常の活動に必要なエネルギーをおもに身体に蓄積された体脂肪から作り出すからです。

そんなことすでに知っているかもしれませんね。でもこうやって改めて事実を意識して頭の中に落とし込むことは大切です。
そうしないと、ダイエットのための行動をしても時間が経ったときに惰性になっていつの間にか元の摂取カロリーに戻ってしまうなんてことになりかねないので。

だから「摂取カロリーは少なく、消費カロリーは多く」を常に意識しておきましょう。
摂取カロリーを少なくするには食事制限、消費カロリーを多くするにはおもに運動。どちらをしてもいいし、もちろん両方しても構いません。私のおすすめはもちろん両方。

でもまずは食事制限をして摂取カロリーを少なくするほうから取り掛かってみましょう。

昼食を低カロリー食に置き換えると…

究極の食事制限は「断食」ですけどね。このブログでも紹介している昼食抜きダイエットは昼食だけ抜く方法なので「プチ断食」とも呼べるかな。

昼食抜きダイエットで本当に痩せられるか試してみた昼食抜きダイエットで本当に痩せられるか実際に試してみた結果…

だけど断食はかなりの覚悟で取り掛からないといけないし、やり方を間違えると体調を崩すほど負担が大きいので断食は正直なところおすすめできません。

そこで断食ほどの負担にならないのが置き換えダイエットです。1日のうち1食または2食、低カロリーなダイエットフードを食事と置き換えて1日の摂取カロリーを大幅に減らそうというのがこのダイエット法の考え。

上で紹介したシミュレーションの食事のうち、昼食をもぎたて生スムージーに置き換えるとこうなります。

●朝食
パン、スクランブルエッグ、サラダ、コーヒー
約500kcal

●昼食
もぎたて生スムージー
約17kcal

●夕食
魚と肉じゃがの和定食
約800kcal

これらを合計すると約1317kcalです。ほら、これだけでも女性の必要カロリー1800kcalから500kcalほども摂取カロリーが少なくなりましたね(男性の場合700kcal)。

低カロリー食に置き換えたら体重がどのくらい減るか

摂取カロリーが必要カロリーより500kcal少ない。これだけだとわかりにくいので、これを1か月続けたらどうなるかをチェックしてみましょう。

-500kcalを30日続けると-15000kcalになります。1kgの脂肪を減らすには7200kcalが必要なので、-15000kcalだと単純に考えると1か月に約2kgが減る計算になります(男性の場合は-21000kcalなので-3kg弱)。

1か月間で減らすのは体重の5%以内までがよいといわれているので、今の体重が60kgだとするとこれの5%は3kgなので-2kgなら許容範囲内です。

誘惑に打ち勝つ覚悟

誘惑に打ち勝つ

どうでしょう? ご自分の体重と照らし合わせて、1食を置き換えたら体重を減らせることがイメージできましたね。

でも中には置き換え食品だと物足りないなんて人もいるんですよね。今まで目一杯食べてきたので、いきなり量を減らすと胃がびっくりして「もっと食べたい」という気持ちになってしまうんです。

でもここで何かを口にしてしまえば置き換えの意味がなくなります。「置き換えダイエットなんて効果ないよ」なんて言う人がいたら、その人は「もっと食べたい」という心の声に抗えなかった人です。

だからあなたがもし本気でやせたいのなら、誘惑に打ち勝たなければなりませんし、「誘惑に打ち勝ってやるぞ!」という覚悟を持たなければならないんです。

つらいのは最初だけです。慣れたら胃が小さくなって、少量でも満足できるようになります。それまでの辛抱だと思ってやり抜いてください。

まとめ

置き換えダイエットで成功するための秘訣はこちらです。

  • 3食のうち1食を低カロリー食に置き換える
  • 物足りないからといって他のものを口にしない
  • 間食をしない
  • 2食でドカ食いしない
  • これらを絶対に守ってやり抜くんだという覚悟を決める

こうすれば必ずやせられます。この中でいちばん大事なのは覚悟ですね。

なお、今回紹介した置き換え食品もぎたて生スムージー。低カロリーで満腹感があり、ビタミンなどの栄養素も含まれいる置き換えダイエットのために開発された商品です。
覚悟ができたならば、もぎたて生スムージーで置き換えダイエットからはじめてください。

酵水素328選もぎたて生スムージー
初回1日あたり66円ではじめられます。