2歳半の子には遅い時間帯の昼寝をさせてはいけない【自分の時間がなくなる】

2歳半の子には遅い時間帯の昼寝をさせてはいけない【自分の時間がなくなる】

2歳半前後の幼い子には、夜に近い遅い時間帯にお昼寝をさせるのはやめておきましょう。

遅い時間帯に子どもにお昼寝をさせてしまうと、夜の就寝はとんでもなく遅い時間帯になるからです。

子どもの寝るのが遅くなると親は自分たちの時間を過ごせません。Amazonプライムビデオでゲーム・オブ・スローンズを観たいのに!

今回は、子どもを遅い時間帯にお昼寝をさせてしまったことにより起こった出来事とともに、この出来事から得られた教訓をお伝えしていきます。

同じくらいのお子さんがいるご家庭の方の参考になればと思います。

休日になるとお昼寝の時間が不規則に

保育園では毎日お昼寝をしている娘。現在2歳7か月です。

保育園ではもちろん他の子どもたちと一緒の共同生活を送っているため決められた時間どおりの規則正しい生活をしています。

お昼寝の時間帯だって例外ではありません。娘の通う保育園では昼食を摂ったあとの12時30分ごろから14時30分ごろまでの2時間がお昼寝の時間に当てられています。

しかし保育園が休みの土日祝日は様子が違ってきます

休日の午後はどうしても出かけていたり、自宅など落ち着ける場所にいてもママと一緒に遊びたがるなどして昼寝どころではないのが娘の休日の様子です。

先日も土曜日にママ(私の妻)と一緒に妻の実家へ遊びに行った娘。おじいちゃんとおばあちゃんに会えたのが嬉しかったのか、それとも近くにある公園で遊べたのが嬉しかったのか、保育園に行っているときのいつもの時間帯に娘は昼寝をしませんでした。

遊び終わったのでさあ帰ろう。妻がそう思ったのは午後4時を過ぎていました。

帰りの手段は車です。娘はチャイルドシートに乗って帰ります。でもお昼寝もしてないし車の振動が心地いいのでしょう、車の中であっさり就寝した娘。時刻はこのとき、あと少しで午後5時になろうとしていました。

遅い時間帯に長時間のお昼寝をさせたことによる悪影響

帰宅してからも爆睡する娘。これはお昼寝というより“本気(マジ)寝”です。

このとき私たち夫婦して共にやりたい家事があって、寝ていてもらったほうが楽だからという自分勝手な理由で娘には寝ていてもらいました。

そうこうしているうちに午後7時を過ぎました。もうすっかり夜。相変わらず爆睡している娘を見て、これはもう朝まできっと起きないから、夕食は抜きで、お風呂には入れず(汗をたくさんかいたのでできれば入浴させたかったけれど)翌朝に入れることにして、身体だけ拭いて、パジャマに着替えさせてから布団で眠らせることにしました。

つい数か月前まではこれでいけたんですよね。遅い時間帯にお昼寝をしてもそのまま完全就寝の状態になって翌朝まで起きないという感じでした。

しかし娘が以前より少し成長したからか、それともお昼寝(というより午後7時だから夕寝というべきですね)の時間が長すぎたからか、着替えさせようとしたところで娘覚醒。

このとき入浴は妻も私も済ませてしまっており、ここから娘を入浴させるのは大変なので予定どおり翌朝に入浴させることにして、夕食はせっかく起きたのだからと食べさせました。

そしてここからが大変でした。

昼寝の時間が遅すぎて、しかも長すぎたので娘はなかなか眠くなってくれません。

妻は昼間の娘の面倒見で疲れたという理由で先に就寝(笑) 私が娘と一緒に遊ぶことに。娘の“遊ぼ遊ぼ攻撃”がすごいんですよね近頃。

そして結局、娘が床についたのは日付が変わる直前でした。2歳児の夜更かしのレベルを超えている!! と思いましたが遅い時間に長く寝かせた私たちがいけないんです。

失敗から得られた2つの教訓

娘の成長スピードを侮っていましたね。

数か月前までは夕方ごろに寝入ればそのまま翌朝までぐっすりだったのに、今では昼寝をしたらちゃんと起きて、昼寝を長時間すれば大人のように目が冴えるようになっているのですから。

この出来事により私は教訓を得ました。遅い時間帯に長い時間のお昼寝は金輪際させてはいけない。遅い時間帯で眠ってしまった場合は短時間で強制終了するべきであると。

しかも、これは余談ですが翌朝の入浴もめちゃくちゃイヤがられたんですよね。普段の入浴はぜんぜんイヤがらないのに…。

この日の朝はしなくてもいい入浴をすることになったし、しかも入浴をめちゃくちゃイヤがられるし、入浴後は浴室の拭き上げをしなければならないし(これは私の自己満足の範疇ですが)で労力を無駄に消費しました。

よってこのことからも別の教訓を得ました。遅い時間帯にお昼寝をしていたとしても、これを起こしてグズろうがなんだろうが絶対にその日のうちに入浴させるべきであると。

翌日もなぜかやはり寝るのが遅い・・・

娘と朝風呂をしたのは日曜日。この日ももちろん保育園はお休みです。

2つの教訓を引っさげて、この日は遅い時間帯でのお昼寝は絶対にさせないぞという意気込みでいました。

この日のお昼寝時間は午後4時ちょっと前から午後5時。お昼寝時間は1時間強です。

保育園でのお昼寝時間帯よりは遅めだったけれど、時間は1時間強なので今日はきっと普段どおりの時間帯で寝てくれるさと高をくくっていた私。

ところがどうして、この日も先に妻が就寝して、私は娘を一緒に遊んで、娘が寝たのは夜11時。

前日よりは1時間早い就寝だけど11時って……。嘆息しました。

おわりに

午後5時起きでもダメ。だとしたら保育園のときと同じ時間帯にするか、お昼寝時間をもっと短くするしかないようです。

それでなくとも最近の就寝時刻は遅め。夜10時になってしまうことも多々あります。

せめて夜9時には寝てほしいけれど、今はまだ体内時計を整えているところなのかな~と思いつつ、今日は何時に寝るのだろうと探りを入れながら娘と一緒の時間を楽しんで過ごしたいと思います。

思い通りにはなかなかいかないけれど、子どもと一緒の時間を過ごせるのはほんのわずかな間しかないですし、こういう日もあるさと思いつつも、保育園が休みの日のお昼寝はどうしたらいいかと試行錯誤しながら最適解を探していこうと思います。

それではまた。