【2019年版】プレミアム付商品券の購入引換券が届いたらぜひ心得ておきたいこと

【2019年版】プレミアム付商品券の購入引換券が届いたらぜひ心得ておきたいこと

この記事のいきなりまとめ
● 2019年プレミアム付商品券について
● プレミアム付商品券を購入できるのは住民税非課税世帯と3歳未満児のいる世帯
● 20,000円限度で最大25,000円額面のプレミアム付商品券を購入できる
● プレミアム付商品券の販売期限は2020年1月31日まで
● プレミアム付商品券の使用期限は2020年2月29日まで
● プレミアム付商品券が使えるのは住んでいる自治体の対象店舗のみ

プレミアム付商品券の購入引換券が届きました。

「なにこれ?」と寝耳に水だったのでプレミアム付商品券について調べてみました。

突然届いた書留郵便

2019年8月某日。自宅の郵便受けに郵便の不在連絡票が投函されていました。

「なんだろう」と思って不在連絡票を確認してみると書留の郵便物のよう(簡易書留)。

「なにか届く予定はあったかな」と思ったけれど思い当たる節はなし。

不在連絡票の頭のところに『プレミアム商品券』の文字があります。それを見て、

「そういえば、消費税が10%に増税されるので、2015年のときと同じようにプレミアム商品券がどうたらこうたらとニュース番組か何かで報道されていたような気がする」

と記憶をたぐりよせた私。

そして再配達願いをして無事にプレミアム付商品券購入引換券を受け取ることができたのでした。

届いたのはプレミアム付商品券を購入できる引換券

ここでふと疑問が湧きます。

『プレミアム付商品券』ではなくて『プレミアム付商品券購入引換券』なことに。

これは読んで字のごとく、届いたのは「プレミアム付商品券そのものではなく、プレミアム付商品券の引換券」だということです。

でもよくよく考えてみると、額面25,000円の商品券を、いくら書留とはいえ予告もなしにいきなり送ったりしませんよね。

とにかく、今回届いたのは「プレミアム付商品券を買うことができる権利を有する引換券」となります。

まずはここを勘違いしないようにしたいところです。

プレミアム付商品券はいったい何のためにある?

ここでちょっと余談ですが、プレミアム付商品券はいったい何のためのものかをご紹介しておきましょう。

今回のプレミアム付商品券は2019年10月に消費税率が8%から10%にアップされるのを受けてのものです。

前回2015年のプレミアム付商品券は、前年の2014年に消費税が5%から8%にアップされたのを受けてのものでした。

ともに消費増税に伴って、

プレミアム付商品券の目的
● 消費に与える影響を緩和
● 地域における消費を喚起・下支えする
ことを目的とした国の政策によるものです。

一部の人からは「バラマキだ!」とか、「一過性のことに過ぎない!」とか批判な意見がありますが……

はっきり言って私もそう思います(笑)

でも私だってこの国の小市民。霞を食べて生きていけるわけではないので、行使できる権利は行使させていただきます。

今回のプレミアム付商品券は一部の世帯の人しか購入できない

ところが前回と今回のプレミアム付商品券の違うところは、前回は全世帯が対象だったけれど、今回は一部の世帯に限られるってこと。

さすがに前回はバラマキ過ぎたんですかね?(笑)

今回のプレミアム付商品券は、次のいずれかの条件に当てはまっている人のみ購入することができます。

プレミアム付商品券を購入できる人
● 平成31年度市民税(均等割)が課税されていない人
● 3歳未満児の属する世帯の世帯主

ひとつめはいわゆる住民税非課税者のことで、ざっくり言うと前年度の収入が少ない人のこと。ちなみにこちらの場合は引換券の交付申請書を事前に提出しなければならないようです。

ふたつめは読んで字のごとくです。わが家には3歳未満の子がいるので当てはまったことになります。こちらは交付申請書を提出する必要はありません。だからわが家に届いたときに私は寝耳に水だと思ったんですね。

プレミアム付商品券の購入金額

というわけで条件に当てはまった方、おめでとうございます。

あなたはこのたび、プレミアム付商品券を購入することができる権利を手にしました。

ここでひとつ、新たな注意点ですが、あくまで「プレミアム付商品券を購入」する権利なので、商品券をタダでもらえるわけではありません。

プレミアム付商品券を買うんです。お金を支払って。

で、いくらか? ってことですが、

4,000円にて額面5,000円(1,000円券×5枚)の冊子を最大5枚まで、つまり20,000円で額面25,000円まで

の商品券を購入できます。

「8,000円で額面10,000円の商品券を買ってもいいよ」ってことですね。

ちなみに支払いは現金のみとなります。

「クレカや電子マネーでポイントをついでにゲットしたい」という要望には応えてくれません。当然といえば当然ですが。

注意
※支払いが現金のみなのは私が住んでいる自治体だからですが、ひょっとすると他の自治体では現金以外で支払えるところがひょっとしたらあるかもしれません。手元に届いた引換券が入っている封書の内容をよくご確認ください。

プレミアム付商品券の販売期間と販売場所

プレミアム付商品券には販売期間があります。当然ですが、販売期間以外の日では買うことはできません。

販売場所も特定の場所でしか購入することができません

なお、私が住んでいる自治体(群馬県前橋市)では3種類の販売期間があります。

プレミアム付商品券の販売期間
● 出張販売 前期【販売期間:9月6日(金)から9月15日(日)】
● 出張販売 後期【販売期間:9月20日(金)から9月29日(日)】
● 郵便局【販売期間:10月23日(水)から2020(令和2)年1月31日(金)】

出張販売では販売場所がいくつかあって、前期は市の総合福祉会館、支所、市民サービスセンター、後期は前期とは異なる支所、市民サービスセンターとなっています。

市の総合福祉会館は引換券をもっているすべての市民が対象ですが、支所や市民サービスセンターはそれぞれが管轄する地域に住んでいる市民しか利用できないのでややこしいです。

私の場合は前期の市の総合福祉会館、後期のとある市民サービスセンター、または郵便局のいずれかで購入が可能。

前期と後期は特定の日を除いて土日祝でも購入可能ですが、郵便局は平日のみ購入できます。

注意
※販売については自治体によって違いがあるものと思われます。上記はあくまで私が住んでいる自治体の場合なのでこのとおりとは限りません。届いた引換券が入っている封書にて販売期間と販売場所をご確認ください。

いつどこで買えるのかがけっこうややこしいです。

よってプレミアム付商品券を購入希望の方は、何月何日にどこで買うかをあらかじめ予定しておくといいかもしれません。

プレミアム付商品券を購入するときに必要なもの

プレミアム付商品券を購入するときはこれらのものを必ず持参しましょう。

プレミアム付商品券を購入するときに持参するもの
● 現金
● 身分証明書
● 購入引換券

まず現金ですが、最大20,000円で、上記で書いたとおりクレカや電子マネーは利用不可です。

なお、現金はお釣りが出ないようにしなければなりません。

額面5,000円の商品券を4,000円で購入したいからといって五千円札を持っていっても「お釣りが出せないので購入できません!」といって購入できない場合があります。気をつけましょう。

身分証明書は言わずとしれた運転免許証や健康保険証、社員証や学生証などですね。わからないことがあったらお住まいの自治体にお問い合わせください。

購入引換券は、自宅に届いた封書に封入されている紙。

私が住んでいる自治体の場合はこれです。

プレミアム付商品券の使用可能期間

購入したプレミアム付商品券には使用可能な期間があります。

未来永劫いつまでも使えるわけではないので、購入期間と同様に気をつけましょう。

使用可能期間は、

プレミアム付商品券の使用可能期間
2019(令和元)年10月1日(火)から2020(令和2)年2月29日(土)
です。

おそらくこの期間は全自治体共通でしょうか。

ところで最悪なのは、商品券を買ったにもかかわらず使うのを忘れていて使用可能期間を過ぎてしまった場合です。

こうなってしまうと自治体にお金を寄付しただけの格好になります(寄付金控除の対象になるのでしょうか? ならないと思います)。

こうなると自治体のためにはなるかもしれませんが自分はお金を支払っただけで何の見返りもなくなるの絶対に気をつけましょう。

プレミアム付商品券を使用できる対象店舗

プレミアム付商品券には「地域における消費を喚起・下支えする」という名目があります。

そのため全国どこでも使えるわけではなく、ご自身が住んでいる自治体にある特定の店舗でしか使用することができません。

当然ネットショップなどでも使えないってことになりますね。

しかし、自治体にある店舗でしか使えないとはいえ、スーパーマーケットやドラッグストアはもちろん、コンビニエンスストアでも使えるくらいなので「使いにくくて困る」なんてことはないだろうと思います。

どこの店舗で使えるかは自治体によって異なりますから、届いた引換券が入っている封書の内容をよくご確認ください。

プレミアム付商品券 その他の注意事項

購入期限や使用可能期限、対象店舗があることはこれまで説明してきましたが、他にも以下の注意事項があります。

プレミアム付商品券使用の際の注意事項
● 商品券の返還・返金には応じてくれない
● 商品券使用時に額面に利用が満たない場合でも釣り銭は出ない
● 商品券を現金には換金できない
● 商品券の紛失、破損、盗難等があっても再発行できない
● 商品券を第三者へ譲渡・売却できない。譲渡・売却された商品券は使用できない
● 次の物品やサービスは商品券の利用ができない
・不動産や金融商品
・たばこ
・金券やプリペイドカードなど換金性の高いもの
・現金との換金、金融機関への預け入れ
・性風俗関連特殊営業において提供されるサービス
など

このなかでもっとも注意したいのが「釣り銭は出ない」のところですね。

商品券は1,000円券×5枚の冊子なので、1,000円未満の買い物で商品券を使うと釣り銭が出ないことになります。

もったいないので商品券を利用しての1回の買い物は必ず1,000円以上となるようにしましょう。

おわりに

今回は2019年のプレミアム付商品券についてお届けしてきました。

今回のプレミアム付商品券は住民税非課税世帯と3歳未満児のいる世帯のみが対象なので得する方は限定的ですが、引換券が届いた方はせっかくなのでその権利を享受してみてください。

それに一応、「地域における消費を喚起・下支えする」ことになるそうですから。