1.2%の高還元率クレカのリクルートカードで買い物をするとPontaポイントが貯まる

1.2%の高還元率クレカのリクルートカードで買い物をするとPontaポイントが貯まる

先日、私が大好きなももいろクローバーZとおさいふPontaがコラボレーションをしたので、ももクロのおさいふPontaを5種類もつくったぜというお話をしました。

「ももいろクローバーZ×おさいふPonta」を受け取りにローソンにべっちーが行ってきた「ももいろクローバーZ×おさいふPonta」を受け取りにローソンにべっちーが行ってきた

このももクロコラボおさいふPontaは私の中ではコレクターズアイテムとして記念品的な扱いなのでももクロのおさいふPontaを使うつもりはないんですが、おさいふPontaで買い物をするとPontaポイントがもらえるというのはまぁ魅力的なわけです。

ところが私はローソンではあまり買い物をしないんですよね。

いや別にローソンが嫌いなわけではありませんよ。コンビニ全体での買い物をあまりしないんです。

だからローソンでのPontaポイントはあまり貯まりません。

でも私は今現在(2017年11月24日)、Pontaポイントを9,956ポイントも所持しています。

9,956ポイントはローソンだけ買い物をすると99万5,600円分の買い物をしないと貯まらないポイントです。

しかしもちろん私はさっきもお話したとおりローソンではこんなポイント数を所持できるまでの買い物はしていません。

でも9,956ポイントも所持している。

いったいこれにはどういうからくりがあるのでしょうか。

というわけで今回はPontaポイントの貯め方についてお話していこうと思います。

リクルートカードで買い物をするとポイントが貯まる

長い前置きなんてきっとウンザリするだけでしょうから結論からお話しますね。

Pontaポイントを貯めるにはリクルートカードを使って買い物をしましょう。そうするとPontaポイントがガッツリ貯まります。

なぜかというと、年会費永年無料のクレジットカード、リクルートカードを使って買い物をすると買い物金額に応じた1.2%分のポイントが還元されるからです。

1.2%の還元率とは、たとえば1万円の買い物をすると120ポイントもらえるってことをあらわしています。

でも、ローソンで買い物をしても1%のポイントがもらえるじゃないか! とあなたは思うかもしれませんね。

でもPontaカードやおさいふPontaはローソンや高島屋などの限られたお店でないと使えないカードです。

よって当然のことながら限られたお店での買い物や利用でないとポイントをゲットすることはできません。

しかしリクルートカードならば、ローソンや高島屋以外のお店やサービスでもクレジットカードが使えるところでの買い物や利用をすると、買物や利用金額に応じた1.2%のポイントが必ずもらえるんです。

PontaカードやおさいふPontaよりもリクルートカードのほうが使いやすくポイントも貯まりやすいということですね。

特定のショップやサービスでポイント還元率が大幅アップ

リクルートカードを使った買い物では基本的には1.2%分のポイントが還元されるのはこれまでお話したとおりです。

ところがさらにお得な情報として、ある特定のお店やサービスを使うとなんと割増ポイントが還元されちゃうんです。

たとえば、テレビCMなどでも有名な旅行サイトの「じゃらんnet」で宿泊予約をして宿泊料金をリクルートカードで決済するとポイント還元率はなんと3.2%になります。

さらに、「ポンパレモール」というモール型ショッピングサイトでの買い物をリクルートカードでするだけでポイント還元率は4.2%です。

さらに、「Hot Pepper Beauty」で美容室やエステサロンなどを予約をしてお店に行ってサービスを受けてリクルートカードで決済をするとポイント還元率は3.2%

さらに、「ホットペッパーグルメ」で「ホットペッパーお食事券」をリクルートカードで購入するとポイント還元率はこれも3.2%です。飲み会や食事会の幹事さんはこっそり得ができちゃいます。

べっちー

そんなことなら積極的に幹事になっちゃうぞ!

リクルートポイントをPontaポイントに簡単に交換できる

ただし、リクルートカードで買い物をして還元されるポイントは、実はPontaポイントではありません。

なんだと!? それでは 「Pontaポイントが貯まる」というのはウソじゃないか! ってことになりますよね。

ちなみにリクルートカードで買い物をして還元されるポイントはPontaポイントではなく「リクルートポイント」といいます。

でもですね、このリクルートポイントは「Ponta Web」というPontaの会員サイトにて、Pontaポイントに簡単に交換することができるんです。

このことから、リクルートカードを使うと実質的にPontaポイントをゲットできるともいえるわけですね。

Pontaポイントの使いみち

ところで、せっかく貯めたPontaポイントをどのように使いましょうか?

ローソンでの買い物でももちろん構わないですし、こちらのページの「つかえる」とあるショップやサービスならばPontaポイントを使うことができます。

(以前、2万ポイントくらい貯まっていたPontaカードをローソンのレジで提示したら店員のおばちゃんに「こんなにポイントがある!」と驚かれたことがあります)

わたしがいつも利用しているのは「ローチケHMV」で、こちらでももクロ関連の商品を購入したりしています。

ももクロが出演しているHulu独占配信番組「ぐーちょきぱーてぃー」のCDやブルーレイが11月8日に発売されたけど、まだ買ってないからこれでも買いましょうかね。

べっちー

もうすぐ1歳の娘ちゃんのためにね!

それかリクルートが運営している総合ショッピングサイトの「ポンパレモール」で買い物をするとか。

おわりに

リクルートカードは、おさいふPontaなどとは違い、どこでショッピングをしてもポイントが1.2%という高い還元率で貯まるお得なクレジットカードです。

ポイントの還元率がとても高いため、私は普段のクレジットカードでの買い物はこのリクルートカードを使っています。

あなたもPontaポイントを貯めたいのなら、ぜひこちらのリクルートカードのページをチェックしてはいかがでしょうか。

高還元クレジットカード【リクルートカード】の申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください