入院中に出てきた永谷園の「すこやかふりかけ」で子供がご飯をよく食べる!

入院中に出てきた永谷園の「すこやかふりかけ」で子供がご飯をよく食べる!

「子供にご飯を食べてもらいたいけれど、なかなか食べてくれない」

そんな親御さんに朗報かもしれません。

今回は、あなたのお子さんがご飯をモリモリ食べる(かもしれない)ふりかけをご紹介します。

このふりかけは、安くて簡単(ふりかげだから当然だけど)、しかもアレルギー食材、香料・着色料、化学調味料が使われいない、子供にも安心な永谷園の「すこやかふりかけ」です。

娘にご飯を食べてもらうために

小さなお子さんは白米の美味しさがまだわかりません。(大人になっても「味がないから嫌い」と言って白米を嫌う人は一定数いるけれど)

そのため調理を工夫して、なんとかお子さんにご飯を食べてもらおうと思っている親御さん(とくにママ)もきっと多いことでしょう。

私らの1歳3カ月の娘は離乳食を食べるようになってはや数カ月。

最初はゆるゆるのお粥を食べていましたが、今ではもう大人の食べるものと同じ硬さのご飯を食べている娘です。

(本当のことを言うと、大人の私らが娘の食べる硬さの比較的柔らかめのご飯を食べているんですけどね。汗

私は硬めのご飯のほうが好きですが、娘のと大人の「ご飯2回炊くのがめんどう」という家内の意見により私が妥協したのであります。笑)

ところが白米だけだとなかなか食が進まない娘。

なんとかしてご飯を食べてもらおうといつも私の家内が毎日毎日骨を折っているのであります。

娘はしらすご飯が大好き

そんな娘はしらすご飯が大好き。

娘は白米だけだとそれほど食が進まないから(実際は、お腹が目一杯空いているときには白米だけでも食べます)「ご飯のお供」として白米にしらすをふりかけて食べさせているんですね。

しらすはほどよくしょっぱいので、これを白米にパラパラとふりかけてあげると、娘にしてみると、とてもバランスの良い味になるよう。

ちなみにご飯の上にしらすをふりかけるだけだと、娘はしらすだけを指で直接つまんで食べてしまうので、なるべくご飯と混ぜてあげる必要があります。

しらすご飯のデメリット

ところがいつもいつもしらすご飯をあげるわけにもいきません。

なぜならしらすってけっこうお高いんですよね。ワンパックあたり198円くらい。

しかもそのままの状態だとしらすってけっこうしょっぱいので、お湯で塩抜きをしてあげる必要があるので、これがけっこう手間がかかったりします。

減塩タイプのしらすもスーパーマーケットなどで売られてはいますが、これだと238円くらいなのでノーマルなしらすよりも割高です。

さらに、しらすは “生もの” ですからね。だから消費期限がけっこう短め。なるべく早めに食べきる必要があります。

賞味期限が短いから頻繁に食べるとなると頻繁に買わなければいけないため、さらに出費がかさむということになるのですね。

永谷園の「すこやかふりかけ」

今回紹介する永谷園の「すこやかふりかけ」の存在を私らはあるところで初めて知りました。

それは病院です。

こちらの記事でもお話したとおり、娘は原因不明の発熱により11日間の入院をしました。

40℃超の原因不明の高熱で1歳3カ月の娘が入院(前編)40℃超の原因不明の高熱で1歳3か月の娘が入院(前編) 40℃超の原因不明の高熱で1歳3カ月の娘が入院(後編)40℃超の原因不明の高熱で1歳3か月の娘が入院(後編)

入院をしていたときに病院の食事として出せれたのがこのすこやかふりかけだったのです。

しかし入院したばかりのときは娘は高熱のため食欲がなく、もちろんふりかけどころではありませんでした。

ところが熱が下がった入院の後半の時期には、このすこやかふりかけをご飯にかけて食べさせてあげると、娘はよく食べてくれるではありませんか。

退院のときには入院前半時期に食べずに余ったふりかけを持ち帰り、自宅でも娘にすこやかふりかけを食べさせるようになったのでした。

永谷園のすこやかふりかけに「含まれていないもの」と「含まれているもの」

永谷園の「すこやかふりかけ」。

病院の子供の食事に出されるものなのだから、身体に悪いものではないはずです。

永谷園の公式サイトには次のようなことが記載されています。

>>[永谷園] 業務用A-Labelすこやかふりかけのり

卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆 不使用
香料・着色料 不使用
化学調味料 不使用
「育ち盛りのお子様にうれしい鉄、カルシウム、食物繊維入り

なるほど。これならば病院食として出せるのも納得。

すこやかふりかけの4種類の味

すこやかふりかけにはぜんぶで次の4種類の味があります。

・のり
・おかか
・わかめ
・さけ

他のふりかけシリーズに比べると種類が少ない気もします。

でもアレルギー食材や化学調味料が使えないと製造できる種類に限りがあるのかもしれません。

それと幼い子供を対象としているので、あまり奇抜な癖の強い種類のふりかけは子供はきっと食べてくれないでしょうからね。

そのため「種類を厳選した」とも言えるかも。

ちなみに私の娘は わかめ→おかか→のり の順番で好きなようです。

なお、さけ(鮭)だけは病院の食事として一度も出てきませんでした。

ネットでのレビューに「さけだけしょっぱい」という書き込みがあったので、病院でもその点が考慮されたのかもしれません。

でも・・・

食塩相当量はわかめもおかかものりも、そしてさけもすべて0.3gとパッケージ裏の成分表示には記載されています。

そのためしょっぱいと思ったのはこのレビュアーのひょっとすると気のせいかもしれません。

試しに私が口にしてみたところ、ぜんぜんしょっぱいとは感じませんでしたし。

すこやかふりかけお試し10袋入を楽天で購入

ところで、病院では出てこなかった「すこやかふりかけ さけ味」のふりかけをなぜ私が口にすることができたかというとですね、ネットショップで購入したからです。

ちなみに下の写真は娘のご飯にすこやかふりかけのさけ味を半分だけかけたときのものです。

今回は、楽天市場に出店している飛騨高山蔵屋敷さんというショップにて購入しました。

私が買ったのはこちら。

>>[楽天]【送料無料】永谷園 すこやかふりかけ(のり・おかか・わかめ・さけ)10袋

こちらの商品は「お試し品」ということのようです。

のり・おかか・わかめ・さけがぜんぶで10袋入っています。

4種類が10袋なので割り切れませんが、おそらくランダムで2種類×2袋、2種類×3袋の合計10袋が届きます。

ランダムなので味の指定はできません。

私の場合は、のりとおかかが2袋ずつ、わかめとさけが3袋ずつ入っていました。

税込257円で送料無料なので1袋あたり25.7円となりますね。

消費期限の短い198円のしらすよりも(単純に比較するのはちょっとはばかられますが)圧倒的にコストパフォーマンスに優れていることがわかります。

すこやかふりかけは1袋あたり2gですが、子供がまだ小さいと1回の食事でふりかけ1袋をまるまる使い切るわけではなく、何回かに分けて使えるのでさらに経済的です。

ちなみにすこやかふりかけの賞味期限は製造から1年です。

わが家に届いたすこやかふりかけには販売店が丁寧に包装袋に味ごとの賞味期限を貼り付けておいてくれているのでありがたいですね。(賞味期限表示は義務だからかも)

すこやかふりかけ業務用50袋入も販売されている

今回利用した楽天市場の飛騨高山蔵屋敷さんにはお試し品の10袋パック以外にも正規のすこやかふりかけも販売されています。

しかしすこやかふりかけってもともと業務用の商品なので1つの種類につき50袋も入っているですよね。

だから、よっぽど1つの味が気に入って毎日のように食べる! とか、家庭に子供がたくさんいるとか、ママ友とシェアする、などの利用の仕方をしないと食べきれないかも・・・。

なお、50袋入りの商品の価格はどれも771円で一律だけれど送料がかかってしまいます。

しかも送料はわかめとさけは165円なのに、のりとおかかはなぜか560円もかかります。(2018年3月29日現在)

>>[楽天] 永谷園 すこやかふりかけ(のり)50袋入
>>[楽天] 永谷園 すこやかふりかけ(おかか)50袋入
>>[楽天] 永谷園 すこやかふりかけ(わかめ)50袋入
>>[楽天] 永谷園 すこやかふりかけ(さけ)50袋入

1袋ごとの価格を計算してみましょう。

●わかめ・さけ
(771+165)÷50=18.72(円)
●のり・おかか
(771+165)÷50=26.62(円)

アララ、わかめとさけはお試し品(1袋あたり25.7円)よりも安いけれど、のりとおかかはお試し品よりも高くなってしまいました。

ただしおかかに関してだけはAmazonのほうが安く販売されています。(2018年3月29日現在)

>>[Amazon] 永谷園 すこやかふりかけ(おかか)50袋入

永谷園 A-Label 30g入りふりかけ

なお、永谷園のすこやかふりかけと同じ「A-Label(エーラベル)」というシリーズにはほかにもふりかけ商品があります。

こちらの商品もアレルギー食材(卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆)、香料・着力量・化学調味料を使わないでつくれています。

すこやかふりかけが1袋あたり2gの食べきりサイズなのに対して、こちらのふりかけは1袋あたり30gのタイプです。

味は「鮭」と「おかか」の2種類。

Amazonで販売されていますが、送料を抑えるためか、30g×5個のセット販売となっています。(2018年3月29日現在)

>>[Amazon] 永谷園 A-Label ふりかけ 鮭 30g×5個
>>[Amazon] 永谷園 A-Label ふりかけ おかか 30g×5個

細かいようですが、すこやかふりかけ1袋2gが25.7円だとすると、こちらのふりかけは30gあたり216円なので2gあたり14.4円となるのでさらに経済的です。

おわりに

永谷園の「すこやかふりかけ」は、同じ永谷園の「アンパンマンふりかけ」(¥14.85/袋)と比べるとちょっとだけ割高です。

しかしすこやかふりかけにはアレルギー食材、香料・着色料、化学調味料が使われていないので、これなら安心してお子さんに食べてもらうことができますね。

お子さんのご飯のお供として「すこやかふりかけ」など永谷園のA-Labelのふりかけを一度食べてもらってはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください