【白湯の水も】ウォーターサーバーはメリットとデメリットを見極めて使おう

【白湯の水も】ウォーターサーバーはメリットとデメリットを見極めて使おう

冬場の体温を維持するために白湯を飲んでいるべっちーです。

体温を高く維持しておけば免疫力も高まるので風邪やインフルエンザにも対抗できるぜ! というもくろみです(笑

白湯をつくる上でどんな水を使えばいいのか? 水道水? ミネラルウォーター? ってことで前回は水道水に含まれている残留塩素ののとをお話しましたね。

水道水に含まれる塩素は殺菌や消毒に必要だけど身体への悪影響もけっこうすごくて驚愕水道水に含まれる塩素は殺菌や消毒に必要だけど身体への悪影響もけっこうすごくて驚愕

そこで今回はミネラルウォーターのことを・・・特に家庭で人気のウォーターサーバーについてのお話をしていきたいと思いますよ。

記事の後半ではウォーターサーバーのメリットとデメリットについてお話していきます。コスト、場所、手間などが関係してくるのでこれらをすべて加味して、「自分もウォーターサーバーにしたほうがいいかな」とか「いや自分にはウォーターサーバーはいらない」ということを考えてみてくださいね。

水道水なんて絶対に飲みたくないもん!

日本は世界でも数少ない、水道水をそのまま口にできるというたいへん恵まれた国です。

しかし安全性に優れているとはいえ水道水には確実に塩素が含まれているし、ほかにも発がん性があるというトリハロメタンも含まれているので、より安全性を気にする人の中には水道水なんて絶対に飲まない! という方もいらっしゃるんですよね。

べっちー

地域によってはどうしても飲みたくない水があるもんね。

それなら水道水なんて絶対に飲まないという人は何を飲んでいるかというと、

べっちー

やっぱビールかな。

冗談はさておき、何を飲んでいるかというと、市販されているミネラルウォーターというのがもっとも多いのではないでしょうか。

日本でもポピュラーなミネラルウォーター

それと、自宅ではそれほど抵抗なく水道水を口にするという方でも、外出するときには自宅の水道水だけを水筒に入れるなんてことをする人はあまりいないのではないでしょうか。

水道水をコーヒーやお茶にしてというならまだしも。

それだけ水道水を積極的に飲もうとまでは思っていない人が多いからだと思うんですよね。

違う見方をすると、それだけ外出先では豊富な種類の飲み物が販売されているし、ミネラルウォーターだけでも数多くの種類の商品が販売されていることから、あなたを含めた日本人の多くがミネラルウォーターに対してなんら特別でないものというイメージを抱いているかと思います。

ペットボトルの飲料を毎日買い続けるのは経済的コストが大きい

とはいえ、ミネラルウォーターのペットボトルを毎日毎日買い続けるのも経済的な負担が大きいですよね。

これが独身者だったり、余裕があって自由に使えるおカネがたくさんある、というのならコンビニあたりのミネラルウォーターをじゃんじゃん買えるのでしょうが、家族がいたり、おカネに余裕がない私なんかはそうも言っていられません。

ウォーターサーバーのメリット

というわけでちょっと無理やり感がありますが、ここでウォーターサーバーの登場です。

ウォーターサーバーというと自宅などに置く、あなたもご存知のこういうやつですね。

ウォーターサーバー

自宅にウォーターサーバーを設置して、専用の水を業者に宅配してもらって、これをウォーターサーバーに設置して、そしてこの水を直接飲んだり、コーヒーやお茶に使ったり、料理に使ったりできるというものです。

ところでこんなウォーターサーバーには次のようなメリットがあります。

  1. 美味しくない水道水を飲む必要がなくなる
  2. 宅配してくれるので重たい思いをせずに済む
  3. 買い忘れの心配がなくなる
  4. ペットボトルをしまっておく場所の悩みから解放される
  5. ペットボトルの大量のゴミから解放される
  6. 水の効能や安全性に対して意識を向けられる

これらを一つずつ詳しく見ていきましょう。

メリット1.美味しくない水道水を飲む必要がなくなる

水道水と塩素についての記事でもお話しましたが、水道水には塩素が含まれているので、水道局がおいしい水にしようといろいろな努力をしてはいるものの、どうしても味が落ちてしまうんですよね。

水道水に含まれる塩素は殺菌や消毒に必要だけど身体への悪影響もけっこうすごくて驚愕水道水に含まれる塩素は殺菌や消毒に必要だけど身体への悪影響もけっこうすごくて驚愕

何度も言うように白湯にするために水道水を沸かすと、水(お湯)の美味しくなさが顕著になってしまいます。

べっちー

マズ~

しかしウォーターサーバーのミネラルウォーターならば、殺菌や消毒に塩素は使っていないので、当然ですがカルキ臭はしません

そのため水本来の美味しさを楽しむことができるのです。

せっかくからだのために白湯を飲んでいるのに、使っている水が美味しくなかったり、またはからだに良くない成分が含まれていると思うのは気分的にも嫌なものですからね。

メリット2.宅配してくれるので重たい思いをせずに済む

先ほどのメリット1はコンビニやスーパーでも売られているミネラルウォーター全般についてのことですが、こちらはウォーターサーバーについてのメリットです。

ウォーターサーバーの水は宅配業者が配送してくれます。だからお店で水を買って重たい思いをせずに済むんですね。

重い荷物を運ぶことにできる自家用車などが自宅にあれば、スーパーなどに行ってミネラルウォーターのペットボトルが複数本納められている箱入りの重たい商品を買うことが可能です。

しかし都市部にお住まいの方などで自宅に車がなく移動は主に電車だという場合は重たいダンボールの箱を買って持ち運ぶなんてことは現実的ではありませんよね。

車の有無だけではなく、歳をとって重いものが運べない、小さな子どもいるので重い荷物は負担、という場合だってあります。

買い物のたびに2リットルのペットボトルを1~2本ずつ手で運ぶなんてことが可能ですが、そうするとそのつど重たい思いをしなければいけませんしね。

そこでウォーターサーバーを利用すれば重たい荷物を運ぶ手間がかからずに済むというわけです。

メリット3.買い忘れの心配がなくなる

「自宅に車があるから近所のスーパーに買いに行けるぜ!」という場合であっても、ペットボトルのストックがいつの間にかなくなっていて「買い忘れた!」と思うことがしばしばあるんですよね。

もしくは、ストックがなくなりそうなのに気づいていながらも「買いに行くのがめんどう。重いし」という心の中の引っかかりをいつもかかえていなければならないのも嫌なものです。

ウォーターサーバーならば定期的に水が届くので買い忘れの心配がなくなります。

メリット4.ペットボトルをしまっておく場所の悩みから解放される

自宅が大きくてパントリーなどの収納部屋でもあれば複数本のペットボトルをそこにしまっておくことが可能ですよね。

ところが自宅にこのような収納場所なんてないという場合は、キッチンや玄関や廊下や階段などのなるべく人目につかない場所に置いておくしかないのではないでしょうか。

でも、ダンボール箱をそのままの状態で家の中のそこらへんに置いておくと・・・とってもみすぼらしく見えるんですよね。だからなるべくならそんなものをそこらへんに置いておきたくなんてありません。

べっちー

でもわが家は狭いからね・・・。

ウォーターサーバーならば大型のボトルが指定本数だけ届くので、ペットボトルがあちこちに散らばったり、みすぼらしいダンボール箱を置いておく必要がなくなります。

メリット5.ペットボトルの大量のゴミから解放される

ミネラルウォーターのペットボトルを大量買いすると困るのが、水を使い終わって空になったペットボトルの処理です。

大量買いしているとあたりまえですが空のペットボトルがたくさん発生します。このペットボトルはゴミの日やスーパーなどのリサイクルボックスにわざわざ出しにいかなければなりませんよね。

それと嫌なのがペットボトルがかさばること。最近のペットボトルはやわらかくてつぶすと小さくコンパクトになりやすいものもありますが、2リットルのペットボトルとなると、固くてつぶしてもまた元の形状に戻る従来型のものもまだまだ多くあります。

ところがウォーターサーバーならば、大きくてもつぶしてコンパクトにしやすいボトルを取り扱っているメーカーもあり、後処理がしやすいように配慮されていますよ。

メリット6.水の効能や安全性に対して意識を向けられる

ウォーターサーバーを取り扱っている多くの業者は専用のウェブサイトを所持しています。

そのため、取り扱っている水に含まれているミネラルや安全性をそのウェブサイトやまたはパンフレットなどでアピールしているところがほとんどです。

私たちはこれらの情報に触れることで自分にとって正しい選択がしやすくなるんですね。

ところが市販されているペットボトルのミネラルウォーターについて、あなたはそこまで熱心に調べたりするでしょうか。もちろん大手メーカーのウェブサイトには水へのこだわりを掲載していると思いますが、メーカーごとのサイトを見比べたりして吟味するような人はほとんどいないでしょう。

そのため市販されているミネラルウォーターを選ぶ基準は、価格かメーカーかだけになることが多いのではないでしょうか。

しかしウォーターサーバーならば商品の内容や価格等をよく吟味することになるため、結果的に自分や家族のからだや健康のほうへ目を向けることになります。

こういった意識の違いが長い目で見ると幸せな暮らしへと繋がっていくんですね。

べっちー

これが本当の “意識高い” だよ。

ウォーターサーバーのデメリット

これまでウォーターサーバーのメリットをお話してきましたが、表があれば裏もあるってことでウォーターサーバーにもデメリットがあるので今度はこのことについてお話していきたいと思います。

  1. 価格が高い
  2. 解約手数料がかかる
  3. サーバーを設置する場所が必要

これも一つずつ詳しく見ていきましょう。

デメリット1.価格が高い

スーパーなどの量販店で販売されている2リットルのミネラルウォーターには一部にとんでもなく安い商品があります。6本入り(12L)の箱売りで数百円なんてのもザラです。

しかし大手メーカーの商品はもちろんそれなりの高い価格がします。それとコンビニなどで定価で買うならウォーターサーバーのほうが安いです。

価格だけに目を向ければウォーターサーバーは確かに高いです。「絶対に安いものじゃないとイヤ!」という方はウォーターサーバーはおすすめできません。量販店でまとめ買いをしましょう。

しかし先ほどのメリットのところでもお話しましたが、ウォーターサーバーなら宅配してくれたり後処理の心配が軽減されます。

「配送料無料」をうたっているウォーターサーバー業者が多いですが、価格の中に配送料やその他サービス料が含まれていると思えば、量販店のものと大きな差がないのかもしれませんね。

デメリット2.解約手数料がかかる

携帯電話やスマートフォンなどの契約と少し似ているのですが、ウォーターサーバーも早期に解約すると解約手数料を支払わなければならない場合が多いですね。

プランによって例えば3年未満の解約で20,000円とか2年未満の解約で10,000円のように解約手数料がかかってきます。

よって、ウォーターサーバーの契約をするときは、お子さんが生まれたからなどの長期の予定を見越してからするとよいかもしれませんね。

業者によっては「フリートライアル」などと表して短期のお試し期間を設けているところもあるので、不安な場合はこういったサービスを利用してみるのもありですね。

デメリット3.サーバーを設置する場所が必要

メリット4でペットボトルのミネラルウォーターを保管しておく場所に悩むとお話しましたが、ウォーターサーバーを設置するとなると自宅のどこかに専用のスペースを確保する必要があります。

私の自宅のように部屋が狭いと置き場所をどこにしようか悩むかもしれませんね。

べっちー

子どもが生まれてから物がさらに増えたからね・・・。

子どもには安心で安全な水を飲ませてあげたい

私が白湯を飲むにはどんな水を飲めばいいかと考えるようになっていろいろ調べているうちにウォーターサーバーにたどり着いたので、今回はそんなウォーターサーバーのメリットとデメリットについてお話してみました。

自分が白湯を飲むだけではなく、わが家にはまだ1歳になったばかりの小さな娘もいるので、この子にはできる限り安心で安全なものを食べさせたり飲ませてあげたいですからね。こういった場合にはウォーターサーバーというのも大いにありですね。

小さい子どもを抱えながらだと重たいペットボトルを買って自宅まで運ぶのなんてなかなか大変ですから。

ここで一つおすすめのウォーターサーバーをご紹介しましょう。

「プレミアムウォーター」の軟水は天然のミネラル成分をバランス良く含んでいるので、赤ちゃんでも安心して飲むことができます。

しかもプレミアムウォーターの水は、ミネラル分を人工的に足したり成分に手を加えていない自然本来のナチュラルミネラルウォーターで、しかもこれを非加熱処理しているから美味しく飲めるんです。

熱処理をしていないのが心配と思うかもしれませんが、プレミアムウォーターの天然水は4段階以上のフィルター除菌をしているので安全です。

自然のミネラルが含まれているプレミアムウォーターのウォーターサーバーは下のリンクから申し込むことができるので、興味があったら一度公式サイトを覗いてみてくださいね。

プレミアムウォーター公式サイト⇒まだ、ペットボトルの天然水?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください