ハロウィンって日本でも流行り始めたけど本来は何をする行事なの?

ハロウィンって日本でも流行り始めたけど本来は何の行事なの?

毎年10月31日はハロウィンの日ですね。日本でもテレビなどで特集が組まれることが多く、この時期になるとハロウィンに関する情報に触れる機会が多くなってきました。

日本でのハロウィンは近年ではなぜかコスプレ大会のようになっていますが、日本人の中にハロウィンって本当は何をする行事なのか知っている人はいったいどれくらいいるんだろ? と疑問に思ったのですが、よく考えたら私自身もハロウィンが何をする行事なのか知りませんでした(笑)

というわけで今回はハロウィンの起源と、ハロウィンはもともと何のためにする行事なのかを調べてみたのでこれを紹介していきたいと思います。

ハロウィンはケルト人の魔除けの儀式

古代ケルト人の1年は11月1に始まり10月31日で終わっていました。1年の区切りは季節の区切りでもあり、1年が終わるとともに夏が終わり、1年が始まるとともに冬が始まります。

ケルト人の間では、冬が始まると死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。さらにこの時期には死者の霊だけではなく、人間に害をなす精霊や魔女もあらわれるとも信じられていました。

そのため人々はこの時期になると仮面を被ったり、魔除けの焚き火を焚いて、有害な者たちから身を守ろうとしていたのですね。

収穫祭でもあるハロウィン

古代ケルト人は、1年の区切りである10月31日の夜から11月1日にかけて収穫祭を行っていました。

この収穫祭には作物が収穫できたことを神に感謝するとともに、これからの新しい1年でも充分な作物が収穫できることを願う儀式的な意味合いがありました。

現代でも自然の力を人間がコントロールすることはできませんが、当時は今よりもさらに人々にとって自然の力は脅威でした。日照り、洪水、突然変異・・・。これらの自然災害を人々は精霊や魔女に見立て、これらを寄せ付けないように魔除けの儀式もしたのでしょう。

この、魔除けを含む収穫を祝う宗教的な行事がハロウィンの起源なのです。

ハロウィンはキリスト教のお祭りではない?

ちなみにハロウィンは、キリスト教からの影響を受けた行事だと言われていますが、キリスト教の行事ではありません。

なぜなら、キリスト教のカトリック教会の『諸聖人の日(しょせいじんのひ)』がハロウィンの翌日の11月1日に設定されており、この日を設けた理由が、

  • カトリック教会が異教の祭り(いわゆるハロウィン)を取り込んだため
  • カトリック教会が異教の祭り(ハロウィン)を潰すため

と言われているからです。

いずれの理由にしてもハロウィンはキリスト教(カトリック教会)から見ると異教の祭りであったため、ハロウィンはキリスト教とは本来は関係のない行事なのです。

ハロウィンをする国・しない国

そのため、宗教的にハロウィンを重視する国と重視しない(無視している)国に分かれていたり、一つの国の中でも宗派によってハロウィンを重視する人と重視しない人に分かれています。

特にアイルランドはケルト系の人種が多くを占める国のため、ハロウィンにはとても積極的で、ハロウィンの祝日があったり(10月の最終月曜日)、ハロウィンに関する行事も古代のときのようにより純粋な形で残されているそうです。

アイルランド以外にハロウィンを民間行事として楽しんでいるのは英語圏のイギリス、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの、キリスト教の中でもプロテスタント信者が多い国です。

一方、カトリック信者が多いラテン系の国や東方教会が広まっているロシアや東欧などではハロウィンは無視されていたり、ハロウィン自体が有害であるとして禁止しているところもあります。

よって、ハロウィンが盛んに行われているアメリカ合衆国でも、キリスト教系の学校ではハロウィンをしないようにという通達を出しているところもあるのだそうです。

現代のハロウィン

ハロウィンでお菓子をもらいに行く子ども

近年、日本でもハロウィンを楽しむ人が増えてきていますね。しかしハロウィンを楽しむ日本人の多くは、ハロウィンの起源なんて知らないと思います。(私も今回調べるまで知りませんでした^^)

しかし、日本で流行するずっと以前からハロウィンを行っている欧米人ですら、アイルランド人以外の国の人はハロウィンの主旨は本来は何なのか知らない人が実は多いのかもしれません。

なぜなら現代では欧米(特にアメリカ合衆国)では収穫祭や宗教的な意味合いはほとんどなくなり、カボチャの中身をくり抜いた「ジャック・オー・ランタン」を手作りして飾ったり、子どもたちが魔女やお化け、ゾンビ等に仮装して近所の家々を訪れてお菓子をもらう楽しい行事となっているからです。

こう考えると、日本人であっても、ケルト人とはあまり関係のない欧米人であっても、ハロウィンをする理由は「楽しいから」で共通しているのかもしれませんね。

日本でのハロウィン

しかし日本のハロウィンは欧米のそれとは異なり、独自の道を歩んでいるように感じます。

欧米のハロウィンが上でも触れたように子どもの行事なのに対し、日本でのハロウィンは子どもだけではなく大人も楽しむ行事となっています。

欧米と同じようにハロウィン用の料理を作ったり、ハロウィン用の飾りをする家庭もあるでしょうが、メディア等で紹介される日本のハロウィンはさながら “コスプレパーティー” の様相を呈しています。

欧米の人たち(特に子どもたち)は魔女やドラキュラ、ゾンビなどのホラー系の扮装をすることが多いのに対し、日本人がするコスプレはホラー系にはとどまらず、可愛いかったり、他の人が見て笑えるような扮装をする人もいて多様性に優れています。

ハロウィンをあっという間に自分たちのものにした日本人の寛容さ

こういったところから日本人の寛容さが感じられますね。

宗教的な理由でハロウィンそのものを排除しようとする国がある一方、日本では日本人の多くは仏教徒だと思いますが、クリスマスを始めとしたキリスト教の行事やこのハロウィンにしても、“良い意味で” 自分たちの都合の良いようにカスタマイズして自国に取り入れてしまいます。

仏教徒とはいっても日常で宗教を意識している人はあまりおらず、神社には行くし結婚式では賛美歌を歌うしで宗教に対してこだわりが薄いのが原因なのでしょう。

宗教に対するこだわりの薄さが良いか悪いかは別として、自分たちにとって良いと思ったものを取り入れる寛容さと、それを良いようにカスタマイズする能力は世界に誇れることなのかもしれませんね。

終わりに

今回はハロウィンの起源とハロウィンはもともと何のためにする行事なのかをご紹介してきました。

あなたはハロウィンを楽しんでいるでしょうか?

いろいろと紹介しておいてなんですが、私自身はハロウィンてしたことがありません(汗) しいて言うならハロウィンの時期にカボチャのプリンを食べたことくらいでしょうか!

これからは機会があったらハロウィンのイベントにも積極的に参加してみようと思います!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください